いま、五感で読む、を感じるとき

ペンギン堂の飯島です。意見は私個人のものです。

f:id:kin-ichi:20210219073405j:plain

春の足音は確実に、僕らを包んでいますが、それでも寒い日もあって、体調管理はきつい日もあります。

さて、食べすぎに注意が必要なことは分かっているのですが、そうはいかないこともまた、繰り返される事実です。

読んで、腹は膨れないけど、読むことでしか味わえない味を楽しむことは、健康的にも一石二鳥のような気がします。

そこで、この一冊、

 

二人の作家が、代わりばんこに「dancyu」という雑誌に、それぞれ、「食」にまつわる表現のある本を取り上げて書いた連載で、これには、いくつかの興味深いの視点があります。

それはまず、自分が知っている作家の誰が、誰を取り上げて、そこでは、どんな食べ物や飲み物が取り上げられているのか、そして、自分の知らなかった切り口が示されているのか?

もう一つは、二人の作家が、自分の知らない作家を取り上げて、どんなことを語ろうとしたのか、ということです。

 

読むことは食べること

 ところで、食にまつわる文章を読むということは、どういう行為なのか。

角田「改めて思うのは、読むという行為は「体験」なんだな、と。物語の主人公と一緒になって、店の引き戸なりドアなりを開けて、中に入って、ご飯を食べる。それは読むということを超えて、体験として覚えているんです。」

だから、食べたこともない食べ物の味を知っていて、本物を初めて食べたときに、「違う、この味じゃない」と感じたといいます。

一方、堀江さんは、

堀江「物語として文字として書かれている食べ物は、やはり文字としてしか味わえない。世の中に素晴らしい料理の本はたくさんあって、そこには写真もそえられていて、おいしそうだな、器も素敵だな、と思ったりはするんですが、味に関しては、そうした本にあるレシピで実際につくったものよりも、小説の中で味わう料理のほうが、きっとおいしい。本の中にしかない味がある」、と。

知らない本や文章を知るということでは、僕の場合、吉田健一『金沢・酒宴』を取り上げた角田文代の次のくだり。

「私は日本酒に詳しくはないが、読んでいるとやっぱりあの、澄んだ酒が飲みたくなる。」ということで、飲んでしまえばそれまでですが、「『酒宴』という作品がある。

この作品で書かれている、菊正はこう、初孫はこう、爛漫は、千福は、勇駒は、と次々なされる酒の描写があまりにもみごとで、文字を目で追うだけで酔ったかのような気持ちになる」のだそうで、酒を飲んじゃいけない僕は、この文章をきっと読むでしょう。

 

「たい焼き」のたいは、ひらがな

子どものころ、親父の土産は「たい焼き」でした。それを、僕は「きんととまんじゅう」と呼んでいた。甘いものの記憶は、そこから始まっていると思います。

さて、すごく奇特な人がいて、「東京中のたい焼きを全部食べよう」と決意して、淡々としてそれを続け、実に3000匹ものたい焼きを食べたのが、この本の著者です。

 

 著者は、自家用車を使わずに、電車を乗り継ぎ、あとは歩いて、ひたすらたい焼き屋に向かうのだそうで、それは、たい焼きとその店がある町との関係性がご当地のたい焼きの味だということを知っているからでしょう。

それは、「たい焼きの『餡』が教えてくれる町のところで、漉し餡と粒あんがあるのに、たい焼きにはなぜ漉し餡が少ないのか、を考察したところを読むとよくわかります。

ところで、たい焼きの食べごろはいつなのでしょうか?五回の食べごろがあるというのです。「焼きたて」以外の具体的なタイミングは、本書をお読みいただきた。まことに奥深い実体験と考察が語られています。

そして、ここを読んで、僕の子供のころの体験が、素材の力を知る一番の食べ時だったことを知り、いまさらながらに、親父の愛情もそこはかとなく感じるのでした。

近所の「たい焼き屋」を知るには、この本でしょう。

 Amazonでどうぞ

 

 

これからの10年、「危機」を乗り越えるために

ペンギン堂の飯島です。意見は私個人のものです。

f:id:kin-ichi:20210214065151j:plain

昨日の晩遅く、地震がありました。全貌が見えたわけではなく、気になりますが、被災された方々に、心からお見舞い申し上げます。日本はどうなっていくのか。今こそ、状況を見据えて、それぞれが、しっかり心構えを持つ必要があるのではないかと、夜中に天井を見つめて思いました。

それでも次の日は、そんなこととは関係ないような天気ですが、この天気が続くのかどうか、心配です。二次災害への懸念もあります。

 

本当は少し軽い本を考えていましたが、予定を変更して、大著に挑戦します。

 

 

「選択的」とはどういうことなのか?

著者については、いまさら紹介の必要はないでしょう。さっそく考えてみると、

「危機と変化への圧力は、一人ひとりと、その人が属する集団(個人、チーム、会社、国家、全世界にいたる各階層に属する集団)に突きつけられる」、という。

そして、ここでのキーワードは「選択的」だというのです。

「国家的危機の直面した各国国民は、いかにして変革を選び取り、繁栄への道を進むことができたのか?」

ジャレッド・ダイアモンドは、世界7か国の事例から、次の劇的変化を乗り越えるための叡智を解き明かします。

それはそうと、「選択的」とは?

「つまり、現状維持でよい部分を見極める。そして、新たな状況に対応すべく、勇気をもって変えるべき部分も見極める。これを実行するには、残す部分と能力に見合った新しい解決策を編み出す必要がある。」

しかし、「選択的」とは、これにとどまらない。むしろこの先がもっと困難な気もします。

「同時に、アイデンティティーの基礎となる要素を選び出して、重要性を強調し、絶対に変えないという意思を表明する。これらは、危機に対する個人と国家の類似点の一部である。」

でも、著者は、「しかし、否定できない明白な相違点もある。」と指摘します。

それはどんな点なのでしょうか?

「国家は、個人を大規模にしたものではない。」ということです。

「危機」とは正念場のことだという、その「瞬間」の前と後では、はるかに大きな違いのある転換点のことでも、起きるのは、何十年もの時間をかけた進化的変化の頂点に達した時だといいます。

そして、「『危機』とは長期間にわたって蓄積されてきた圧力を突然自覚したり、圧力に対して突然行動を起こしたりすること」だといいます。

直面する危機の4つの主題

人類が直面する危機とは、

1、核兵器の使用

2、気候変動

3、資源枯渇

4、格差の拡大

というのですが、これに、テロ、感染症を加えrべきという問題意識も示されます。

それぞれに対して、著者の考えるシナリオが語られるのですが、僕には、先に語った「選択的」という行動のあり方が、できるのかどうかが、これから10年間に直面するであろう「危機」に対処できるかどうかの鍵だと思いました。

ぜひ、一読を。

 次には、もう少し軽い本を取り上げられるような状況であることを願います。

 

Amazonでどうぞ

 

 

 

ゆく川の流れは、、、その3

ペンギン堂の飯島です。意見は私個人のものです。

f:id:kin-ichi:20210203101403j:plain

昨日の温かさに比べて、今日は平年並みのようで、朝は冷え込んでいます。

お隣の、金木犀は、スズメの集合住宅のようで、今朝も何羽も飛び立っていきました。

去年から、変わらずにユーミンの曲を聴いていますが、いまさらながら、絵画的な音楽だなと、矛盾したことを感じています。

むかし、芥川龍之介の文章だったとあやふやな記憶ですが(あるいは違っているかもしれませんが)、芸術には、時間芸術と、空間芸術があって、時間芸術の典型は音楽、空間芸術は絵画、そこで、文学は、というような話だったと思うのですが、ユーミンの曲を聴くと、絵が浮かぶように思い、その言葉使いに、時制の使い方を含めて、うなるばかりでした。しかし、言葉が景色を紡ぎだしているだけではなく、音楽もまた、風景を浮かび上がらせる力がある、否、むしろ、風景が脳裏に立ち上がってくるのが、優れた音楽なのだということを、教えてくれたのが、本書です。

 

「鮮やかな風景が見えるとき」

 

よく考えてみなくても、アレンジのすべてをも含めて、一曲なので、ユーミンの曲から浮かぶ風景は、著者のものでもあるのでしょう。

「ただし、これは言えるかもしれない。奇跡が起きたとき、その音楽を聴いた人には、きっと鮮やかな風景が見えます」と。

「何度も話しているように、僕は音楽から風景が見えることをとても大切にしています。でも、ほとんどの曲はメロディを受け取った時にはうすぼんやりとした景色です。

そこにアレンジを加え、歌詞が入って、景色がより鮮明になっていく。」ということ、僕らはその鮮明になった景色を見る。

いろいろと、面白いエピソードだけじゃない本書、良いです。

 

スマートメーターにはAI?

昨年、1か月以上入院中に、突然、ガス会社から自宅に電話がありました。もちろん後で妻に聞いた話です。それによると、最近、ガスの使用量がないので、もしやと思って連絡したとのことで、ありがたいやら、ちょっと、監視社会の雰囲気を味わったやらで、複雑でした。

すでに、水道、ガス、電気の三点セットで、スマートメータシステムは出来上がっているようです。もっとも、昨年暮れに、静岡市での実証実験のニュースがありましたから、普及するのはこれからでしょうが、この流れは変わらないと思います。

それでというわけではないのですが、電気メーター検針員の仕事の本がこれです。

メーターはスマートになっても、現場仕事の苦労はなくならない

 

 「あと数年で電気メーターの検針の仕事はなくなってしまう。

スマートメーターという新しい電気メーターの導入で、検診は無線化され、電気の使用量は30分置きに電力会社に送信されるからだ。」しかし、筆者によれば(よらなくても)、「本書で書いた現場で働く人の苦労はなくならないだろう。」、「低賃金で過酷で、法律すら守ってくれない仕事がどこにでも存在しつづけ、そこで働くひとたちも、そんざいしつづける。」のだが、本書は、決して暗くない。「なるべくユーモアを交えて書いたつもり」と、言っているから。

スマートメーターにAIを組み込むなんてことが考えられている時代の流れを踏まえれば、2020年から2021年への、冬季の電力需給がピンチになったことは、いくら厳冬の影響とはいえ、どうなのさ、ということでしょう。「電力需給検証報告書」なるものが、電力広域的運営推進機関から、2020年10月に提出されていますが、そのなかには、「予備率3%を確保できる見通し」とされています。

途中で寒さが厳しくなったということも含め、時代は、DXなんだから、もう少し予測精度を高める工夫が、できて当然だと思いますね。自分のスマート化ができていないような気がする、と、誰かが言っていました。

Amazonでどうぞ

 

 

 

ゆく川の流れは、、、その2

ペンギン堂の飯島です。意見は私個人のものです。

f:id:kin-ichi:20210117065545j:plain

今日は、昨日と打って変わって、厳しい寒さの状況というより、昨日が暖かすぎて、平年のこの季節並みの気温になったというのが正確なところでしょう。

相変わらず、COVID-19は猖獗を極め、感染の拡がりは衰えを見せていません。

さて、アフター・コロナについて、様々な書籍が書店の棚に並んでいますが、整理すると、アフター・コロナという言葉の意味は、ポスト・コロナ、ということじゃなくて、つまり、コロナ禍が終息した後ということではなく、COVID-19が始まってから、という意味で考えたいと思います。

言葉はDX,ツールはZoom

COVID-19をはさんで、以前がビフォー・コロナ、以後がアフター・コロナということ。そして、アフター・コロナを生きるには、言葉でDX、ツールでZoomが必要というのが、今の僕の実感です。

現実に、僕はそれまで触ったことのなかったZoomで会議に参加し、使い方を身につける必要を感じ、そして、身近になり、うまく使うことを目指すようになっています。

コロナ禍によって変わったものの中で顕著なものは、Zoomの日常化のように思います。最初は、仕方ないにしても、「オンラインのみで初対面の人とミーティングをするというスタイルが本当に成立するのだろうか、という好奇心」があるのが普通ですが、Zoomを使い始めると、「私が発見したことは、「実際に会う」という仕事スタイルが、実は、ボトルネックになっていたということです。」という、筆者の発見だったといいます。

おっと、失礼しました。公私にわたってZoomを使う必要に迫られ、さらには、いま関係している仕事に、オンラインでのコミュニケーションを導入しようと画策している身として、参考にした本が、こちらです。そしてさっきの引用は、この本の著者のものです。

 

 「仕事のオンライン化は、「会えないからしょうがない」という手段ではなく、むしろ、「会って話すよりも有効な」手段に変わりつつあるのです。もちろん、それには工夫がひつようで、そのもっとも重要な一つがZoomの活用です。」

この本は、そこを伝えるのが目的です。でも、技術的なこともありますが、それ以上に、生産性を高めるための工夫が示されています。

まあ、それは読んでいただくとして、オンラインの活用は、会議のためだけに、わざわざ移動するための時間と費用の節約です。これは、実感がありました。この本は、面白くてためになりました。

 

なぜDXがデジタル・トランスフォーメーションなのか?

本来の流れからすると、世の中の動向に触れ、そしてそのためのツールというのでしょうが、論より証拠の実感は、ツールの使用からになったので、その流れに従いました。

そこで、ツールは何のためかということです。

デジタル・トランスフォーメーションなら、DTじゃないのか?ずっと疑問に思っていました。それでも、言葉はよく見かけましたが、フーンという感じでやり過ごしていました。世の中も、そんなふうで、旗振り役は一生懸命なんですが、笛吹けどなんとやらの感じでした。それが、一気に身近になって、眼前に突き付けられたのは、コロナのせいです。そしてこの本です。

 

こちらについても、山のように書籍が出版されていますが、何しろ、「X」について、トランスフォーメーションでもいいか、という気になっているくらいのレベルですから、直球の参考書ではなく、本文が縦組みであるので、安心。いわゆる技術解説書ではなくて、タイトルからもわかるように、非IT企業、非デジタル企業である様々な業種の企業を対象とした「攻めのDX」が説かれています。

DXが根づくためには、社会に実装される必要があるというのですが、それはどんな意味なのか。なんとなくわかるのですが、いまひとつピンと来るためには、この本を読んで、デジタルとは縁がないと思われていた企業にとってのDXを知ろうと思いました。

 今回は、これからに向かう具体的知見を得ようという目論見です。

 Amazonでどうぞ

 

 

 

「ゆく川の流れ」は、、、、

ペンギン堂の飯島です。意見は私個人のものです。

f:id:kin-ichi:20210113065851j:plain

厳しい寒さの日が続いていましたが、今日は幾分暖かくなるという予報です。それでも、全国各地、豪雪被害のニュースがしきりでした。

二度目の緊急事態宣言が政府によって、4都府県に発出されてから、間もなく1週間がたとうとしています。さらに、7府県への宣言の発出が明日にもされる予定のようです。

「2度あることは、、、」

最近はあまり言わないのでしょうか、「二度あることは三度ある」という警句です。そこで思い浮かぶのは、次のような言葉です。

「実は、アールノート(基本再生産数のこと。どんな病気にも必ずアールノートがある。1より小さくなる時流行は収まる。そして、アールノートは人の行動で変化する)について悪い知らせもひとつある。それは、流行の抑止を目指す特別対策の厳しさが緩んだとたんに、中国でもイタリアでも、おそらくはアールノートがその「本来の」値である2.5に一息で戻ってしまうだろうというものだ。

こうしてもっとも困難な第三の段階、忍耐の段階が始まる。」

まさに、日本でも、ヨーロッパでも起きたことは、こういうことだろうと僕には思えた。

そして、三度目の緊急事態が起きない保障はどこにもなく、僕たちの行動にかかっているのだということを。身近な人を守るだけでなく、「感染症の流行は集団のメンバーとしての自覚」を促すのは、入院を要する感染者の率が高く、多数の感染は、医療のひっ迫を、ベッドや看護師の不足を招くからだ。

それが、アフリカともつながる。「想像してみてほしい。COVID-19が猛烈な勢いでアフリカに伝播したらーー必ずそうなるだろうがーー。」

「今回の新型ウイルス流行は、この世界が今や、どれほどグローバル化され、相互につながりからみ合っているかを示すものさしなのだ。」

今日の僕たちの行動が、明日を決める、ということだが、引用した本はこの本だ。

 

著者のパオロ・ジョルダーノは、1982年、トリノ生まれ。トリノ大学大学院博士課程修了。専攻は素粒子物理学。2008年、「素数たちの孤独」でデビュー。人口6000万人のイタリアで200万部超のセールスを記録。本書は、昨年の2月末から3月の頭にかけて書き下ろした感染症にまつわるエッセイまとめたものです。

僕は、本書を読んだとき、すぐに、カミュの『ペスト』を思い出しました。もちろん、両者は、言語、小説とエッセイ、ペストとコロナというそれぞれの違いはありますが、とてもよく似た感じを受けました。きっとあなたもそう感じるのではないでしょうか。

僕は、静かに読んで、冷静に恐れることが、この時期に必要と、読後、感じました。 

 

 

Amazonでどうぞ

 

 誤変換の訂正と補筆をしました。