今年は、「脳」について考えるのが大事な年です

新年あけましておめでとうございます。

新型コロナ禍3年目を迎え、様々な見立てが、メディアを賑わしていますが、長続きしているものは少ないようです。デジタル化や脱炭素のように、いまさらうんぬんするものではないものを踏まえて、自分なりに、世の中の動きを見つめていく必要があることは当然です。

元旦以来、この三が日、空は見事に晴れ渡り、今や、箱根駅伝も復路、戦いも真っ盛りです。天候的には、良かったなと思います。現在のところ、母校も大検討中で、このまま、大手町まで行ってほしいです。

元日、早朝の空です。

f:id:kin-ichi:20220101080811j:plain

吸い込まれるようです。

さて、本年は、まず、この本から。

 

今までも、いろんな読書に関する本を読んできましたが、この本を読んでからは、「目次」の読み方が変わりました。

脳と本、果たしてその関係は?

本書のウリは、「買った本を、すぐに集中して読み始められ、途中で断念することなくどんどん読み進められ、サックと読み切れるようになる」というものです。

同時に、「この読書術は単に本をサックと読むためだけの方法ではありません。あなたの脳を鍛え、アウトプット力を高める読み方でもあります」というのですから、ちょっと、本当?と思ったりしますが、「脳トレにもなる」というのであれば、何のための武器とするかは、人それぞれですが、役に立つかどうかはすぐにわかりますね。

私の場合、少なくとも、役立つところは確実にありました。

実は、本書は4年前の本のリニューアル。つまり、今だから、効くところがあるということなんでしょう。

スマホの画面と文書に慣れた頭の弱点に聞くということなのかもしれません。「今、読書、とりわけ「紙の本」の「読書」が、インターネット、スマートフォンの波にのまれ、その価値を発揮し続けられるかどうかの瀬戸際にいるため」、今こそ、本書がということなんでしょう。

脳の回転が速いということは?

ところで、脳の回転が速いということはどういうことなのか、著者によれば、

1,全体と部分、抽象と具体の行き来が速い、

2,記憶から必要な情報、知識を思い出すのが速い、

3,異質な情報、知識同士の結びつけが速い、

ということだそうです。三番目は、「アイデアのつくり方」でいわれていることでもあります。

 

これって、読書によるインプットとそのことでつかんだ何かをアウトプットしていくことの、胆ということを言っているのかも、なんて考えますが、『武器になる読書術』のいいところは、実践しやすかったということです。やれなきゃ始まらないですからね。

ティップスとして、具体的でいいと思いました。

Amazonでどうぞ

 

 

 

電球の揺れで”会話”を読む!

ペンギン堂の飯島です。意見は私個人のものです。

寒暖定まらない天気の日が続いています。突然暖かくなったりした日には腸が迷い飛んだりします。先日は、バッタを見つけました。背中に乗っているのは、おそらくオスでしょう。

f:id:kin-ichi:20211020143623j:plain

サイバーセキュリティは自分の問題

さて、最近、通販サイトやクレジットカードにアクセスすると、メールで送られた番号の入力を求められるなど、セキュリティー対策がしっかり行われているように感じることが多くなりました。

ゆうちょ銀行の口座では、マネーロンダリング対策のための調査で、入力を求められましたが、本来は遅まきでしょう。

それだけ、サイバーセキュリティーに関わるリスクが身近になっているということでもあると思います。

そこで、本書を取り上げました。

 

サブタイトルに、「テレワーク、スマホ、メールを狙う最新のトラブルとその裏側」とあるように、いまやサイバーセキュリティーの問題は、あなたや私、個人の問題になっているのです。

著者は、情報セキュリティアドミニストレータ、情報処理安全確保支援士で、工学博士、情報セキュリティーの専門家だと言えるでしょう。

サイバー攻撃がビジネスになっている

サイバー攻撃がなぜ耐えないのかと言うと、著者によれば、それは、「ビジネスになっているからだ」というのです。サイバー攻撃はもはやハッカーによる単なる遊びの段階ではないという認識を、しっかり持つことが必要ということです。

そこを見据えた対策を立てることが大事ということですが、重要なことは、コンピュータシステムでは「ヒト」が一番弱い部分になっているという指摘です。そこで、まず、「手口」を知ることが重要になってくるというのです。つまり、個人の対策のまず第一は、攻撃の手口について、正しい知識を持つことが、最も効果的だというのです。たとえば、テレワークへの攻撃では、画像解析により、正面から口唇を読む読唇術が使えなくても、電球の揺れから会話を読んだり、テレビ会議の画像データから、PCのキーボードどのキーを打っているのかを予測してパスワードを盗んだり、とか、そこまで来ているのかという現実があるようです。

まず、身近なサイバーリスクについて、現状をしっかりと認識するためにも、本書を読んではどうでしょうか?

Amazonでどうぞ

 

 

55年ぶりに横尾忠則に出会う

ペンギン堂の飯島です。意見は私個人のものです。

f:id:kin-ichi:20211017095623j:plain

数珠玉なんて言葉を覚えていますか?雨に濡れた数珠玉、だれも手に取ろうとはしないようです。

雨が降り、気温が下がって、体調の管理が難しくなって来ました。健康に留意して、お元気でお過ごし下さい。

 

さて、引き続いて、本書です。

 

著者は画家ですが、結構本も書いていますが、書評は珍しいでしょう。

本書は、2009年4月から2017年6月までの約8年間、朝日新聞に発表された書評133編を収録したものです。

いかにも著者らしいと思われる本から、意外に思える本まで、さまざまですが、共通しているのは、どれもが、やっぱり、画家としての著者を、自らが語っているものだということです。

たとえば、『瞬間を生きる哲学』(古東哲明、著)

 

 

「ところが画家に転向して10年以上立った時、「今ここに」は創造行為それ自体であることに気づいた。外に求めていた答えが内にあったのである。そして今、目の前に本書がある」と語っている。

そういえば、僕たちが、横尾忠則に出会ったのは、いつだったのだろうか。多分、東大駒場祭のポスターだったのではないだろうか。思えば、55年前になるのか。当時、横尾はイラストレーターだったのだと思う。なんか、リズムを感じる。高倉健さんの「唐獅子牡丹」シリーズを観ていたころです。

 

y字路の謎や諸々

また、『巴水の日本憧憬』では、「Y字路」の創作や、そこに、怪人二十面相や怪盗ルパンが描かれることなどについてが語られています。

 

 

「仮面」とは

 

バルテュス自身を語る』の場合では、「バルテュスの一語一句に触れる時、私の仮面が剥がされて逃げ場を失いそうになる。彼が光を求める一方、私はその光から逃げようともがき、自分が同じ土俵の画家であることの羞恥に耐えられなくなるのである」と語っているのですが、さて、あなたは、どの本に語られた横尾忠則を知りたいですか?

 

Amazonでどうぞ

-

 

 

 

人の気持ちが56年ぶりに同じ位置にあるとき、政治は?

ペンギン堂の飯島です。意見は私個人のものです。

f:id:kin-ichi:20210919113907j:plain

急に夏日の陽気になったり、それから、10度も気温が低くなる日があるなど、不安定な気候の日が続いています。

暑いときには、今では当たり前に東京でも見ることができる、ヒョウモン蝶が、ふらりと迷い出てきます。かつては、南方系と言われる蝶でしたが、温暖化の影響を指摘する人もいます。

さて、前回の続きです。

本書の著者は、人工知能の研究開発に従事した後、2004年、脳機能論とAIの主体性による語感分析法、「サブリミナル・インプレッション導出法」を発表、感性分析の第一人者と言われています。

ですから、経歴を反映して、個人における脳の、7年のブレインサイクルによる人生のリズムの面白さもさる事ながら、それぞれの脳は、その7年のブレインサイクルの中に、実は、「大衆全体で連動する、世の中の事象に起因するもの」がある、と指摘します。

 

56年、サイクルの輪とすると、

「現在、日本中で、ときには世界中で、生活者全体が、同時期にある突出した事象を見たり聞いたり食べたり触れたりしている。特にインターネットの登場以降」、そのため、世の中の事象に起因したブレインサイクルが揃ってしまうのだと言います。そしてこれが「感性トレンド」だと言います。

 

無意識の行為には脳科学上の意味がある

著者は、「ヒトが自然にしてしまうことには、脳科学上の意味がある」と指摘し、「人々の気持ちが、56年ぶりに同じ位置にある」と指摘します。そういえば、2019年は「ダラスのあの日から56年」、2020−2021年、オリンピックから56年、2021年日韓基本条約締結、というサイクルですが。

著者は、「政治は、大衆の総意として、その姿を表してくるので、『56年ぶり』が典型的な現れ方をするかも知れない」とも言います。

56年前、日本の政治はどう動いたのか、あなたなら、何に注目するのか。僕はまだ、高校生だった。でも、ヴェトナム戦争には関心があった。

 

Amazonでどうぞ

 

「脳」の本は、ひとをポジティブにする!

ペンギン堂の飯島です。意見は私個人のものです。

f:id:kin-ichi:20210923071438j:plain

早朝の西の空です。

雲の切れ間から覗く青空は、深く、いかにも秋の気配です。気温のほうは高く、まだ夏の名残りが感じられます。

着るものや、食べ物など、季節感が難しいです。

あなたの脳は、今、「入」ですか、「出」ですか?

前回からの続きです。先に紹介したい本から、興味を惹かれ手にしたのは、この本でした。

まず、タイトルから惹かれます(ある年齢以上のひとならば)。

 

著者は、「ヒトの脳のピークは28歳まで。29歳から老化がはじまる」という、ある脳生理学の先生の言葉を引用しますが、その後で、ヒトの脳を装置と見立てて研究していくうちに、面白い発見をしたと報告しています。

それは、「人生の最初の28年間、脳はいちじるしい入力装置」だということ、28年でピークを迎えるのは、入力装置としての脳であり、それ以降は、それまで「入」だったのであれば、「出」の装置として、56歳に向かって成熟していくと考えられるというわけです。

29歳からはアウトプットの時期がはじまる?

いわば、29歳からは「アウトプット」の時代に入るということで、それが、本書のサブタイトルの「脳の本番は56歳から始まる」ということなんでしょう。

これは、勇気が出る。脳硏究の本というのは、大体がポジティブな気分にさせてくれるものが多いのですが、本書は特に、そうか、と、明るい気分にさせてくれます。

50代から成熟が始まるというのですから、それまでの知識や経験、キャリアから生まれる直感、それがたってくるというわけです。「能」や「書」、「古美術」など、言葉にならない深遠の芸術は、60代、70代が支えている、と指摘します。確かに、そうかも。

脳の出力の最大期は84歳まで続く

「旅」と「習い事」は60代から、まだ進化は続くんだそうです。となれば、60の手習い、は、むしろ積極的意味を持っている、ということでしょう。70代、80代は「心の欲するままに従えば真理を突く」んだそうで、出力装置としての脳の性能の最大期は84歳まで続くんだとか。

そうなると、脳はどのくらいの時間を用意しているのでしょうか。

ヒトの脳は自分の満年齢の整数倍の周波数の音に反応すると言うのですが、「いくつかある脳が反応する周波数の中に、寿命を示すと思われるものがある。」そうですが、「脳は、112歳までの旅を用意している」というのが、著者の見解。

 

ひとは、脳が決めた人生という時間、ゴールにあわせて、自分の脳や体を、静かに折りたたんでいくように見える」というのですが、さて。

ところで、実は、著者の名前に記憶があって、もしやと思って、思い出してみれば、次の本で興味を持った人でした。

 

この本、ひとの7年ごとの節目、脱皮だけでなく、大衆として、或いは、時代として、同調する、節目があるという、何で時代が形成されるのか、そんな「感性分析」の、面白い記述に満ちているのですが、それは次回に。

 

Amazonでどうぞ