「コロナ禍」で本は読めたのか?

ペンギン堂の飯島です。意見は私個人のものです。

f:id:kin-ichi:20210913064555j:plain

早朝、外に出ると、お隣の金木犀が香ります。見事な大きさの木で、不思議なことに、花が咲く前は、たくさんのすすめが住んで、鳴き声が賑やかだったのに、花が咲くと、姿も、囀りも聞こえなくなりました。

今日は、台風一過、快晴の天気です。

読書の時間は増えましたか?

コロナ禍で読書ん時間が増えたかといえば、案外、増えていそうで増えていない気がします。これまで本を読んできた人は相変わらず読んでいるでしょうし、読まない人が、にわかに読書好きになるということも考えにくいですからね。

さて、

読書案内、という類の本には、これまでお付き合いのなかったジャンルの本との出会いという期待もあります。案内してくれる人のポジショニングで、この人がどんな本を紹介してくれるのか、という期待感ですね。

いわば、守備範囲を越えた世界の本に巡り会う楽しみでしょう。

そこで、この本はどうでしょうか?

 

まず、惹かれたのは、「読書家ではないけれど本が好き」、という一句でした。

「本のことを一生懸命書こうとしていたにもかかわらず、自分の暮らしについても結構述べている。当時の価値観と変わってきている部分もあって、自分は昔と全然変わらないと思っていたけど、変わっていく部分もあるのだな、という発見もあった。変わらないのは、相変わらず呑気に暮らしていることと、読書家ではないというところか」。

「読書家でなくとも、本は読む。本は好きだ。〆切のない読書なら最高。でも、〆切があったからこの一冊ができました」。

新たで、なじみの出会い

そして、この本で、意外というか、へえー、という、馴染みの人との新たな出会いというような、出会いがありました(守備範囲を越えないのでしたが、さっき、言ってたことと違ってすいません)。

例えば、横尾忠則『本を読むのが苦手な僕はこんなふうに本を読んで来た』とか。

 

この本はやはり、書評なんですが、次回に取り上げたいと思います。

そして、また別に、気になって、選んだ本は、やっぱり自分の関心の世界につながっていたという、ちっとも新世界への旅立ちにならなかったのですが、それはそれとして、その本も、次回に。

 

Amazonでどうぞ

 

 

あなたはどんな本を読んで大人になりましたか?

ペンギン堂の飯島です。意見は私個人のものです。

 

朝起きて、窓のシャッターを開けると、ダイナミックな朝日を浴びた入道雲が目に飛び込んできました。久しぶりにiPhoneを持って、まだ新聞も来ていないのに、撮影に。

f:id:kin-ichi:20210725050819j:plain

真夏の空を見上げながら、「今日も暑うなるぞ」とつぶやいた、映画東京物語笠智衆さんを思い出しました。

 

五輪開幕でも、読書の時間は変わらない

東京五輪が、コロナ過だけでなく、様々な問題が発生する中で開幕しました。様々な意見はあるでしょうが、参加している選手の皆さんやスタッフ、ボランティアの方々の無事を祈らずにはいられません。

テレビで観戦・応援ですが、それで読書の時間が影響を受けているわけでもなく、普通のリズムです。

コロナ過で読書の時間が増えたかというと、あまり変わらないというのが本当のところです。しかし、読書の傾向を少し変えてみようかという気持ちはあって、こんな本を選んでみました。

 

 ここで案内されているのは、全部で439冊、案内人は144人です。読書ガイドとしては、ちょっと変わっているところもありますが、そのあたりは読んでのお楽しみです。

写真集やビジュアル系の本も結構あるのは、クリエイター関係の方々の「推し」が結構あるからでしょうか。

いくつかの柱があって、例えば、「センスを磨く読書案内」として、「クリエイターの出会った本と蔵書」とか、「世代を超えて読み継がれる、20世紀の良書」、「私がもう一度読みたい本」、「名著を読み解く、読書感想文」、「7歳から45歳、そして人生最期そのとき読みたい本」などという柱建てのもとに、書籍だけでなく、雑誌や、漫画、絵本などが取り上げられています。

僕はこの「本」を読んで大人になった

ちなみに私がもう一度読みたい本は、

 

 です。子供のころ、家には、自分の本が三冊しかありませんでした。「児童文学選集」と「宮沢賢治集」、それと地質学の本でした。「宮沢賢治集」には『風の又三郎』はありましたが、『銀河鉄道の夜』は収められていませんでした。

そんなことで、『よたかの星』や『セロ弾きのゴーシュ』と並んで、『風の又三郎』は、何度も繰り返し読んだものです。とにかく三冊しかないのですから。

でも、よくわからないまま、こういう少年は、嫌いじゃなかったです。もっとも、実生活では、転校していくのは友人で、僕はいつも見送る側でしたから、主人公ではなかったわけで。

 まあ、花梨が酸っぱいものかなんて知らないわけですが。

そしてもう一冊、

 

 中学、高校の時代に読んだ記憶がありますが、しかし、この時も、中原中也が、中野区に3回住んだという関係がそもそものきっかけで、小林秀雄にあんまり好意を持てなかったのも、中原中也の側からこの時代の文学者の世界に入っていたからかもしれません。

 今回は、本当に何十年ぶりかで、僕は何を読んで大人になったのかを、記憶をたどり思い出しました。

 あなたはどんな本を読んで大人になりましたか?

 Amazonでどうぞ

 

 

 

 

僕もあなたも、「情報戦」のただなかに居る?

ペンギン堂の飯島です。意見は私個人のものです。

iPhone12の広角レンズを使ってみました。やっぱ、広角ですね。使い方に工夫がいります。

f:id:kin-ichi:20210512051536j:plain

曇り空ですが、一部に青空が隠れているのが見えます。

撮り方にコツがいります。

インフラにも及んでいるサイバー攻撃

このところ、コロナのニュースだけではなく、サイバー攻撃に関するニュースも気になる報道が増えているようにも見受けられます。否、コロナ感染拡大が一向に収束に向かう気配がない時期だからこその、サイバー攻撃なのかもしれません。個人情報の大量流出や身代金の要求、そして、企業の機密情報へのアタックなど、もはや、日本もグローバルに起きているサイバー攻撃が、同じように起きている国なんだということを痛切に感じます。

そして、ついにはアメリカでは、石油のパイプラインに対する攻撃が報道されています。日本も、セキュリティーの認識を改めなければならない段階にきているということでしょう。

「社会の分断」への仕掛けは他国の話ではない?

しかも、ワクチン接種やオリンピックの開催の是非など、さまざまに分断をもたらしそうな課題に直面しているのが、今の日本の現状でしょう。

とくに、オリンピックをはさんで、開催都市の東京都では都議会議員選挙があり、遅くても秋には衆議院選挙を控えていて、果たして、イギリスやアメリカで起きたような、世論を混乱させ、分断を図るためのサイバー攻撃がないと言い切れるのかどうか。

攻撃を仕掛けてくる人たちは何を、どうしようとしているのか、ある程度の認識を持って、日々のニュースを見る習慣をつけておく必要があるでしょう。

そこで、この本です。

 

 著者のクリストファー・ワイリー氏は、「CA」、ケンブリッジ・アナリティカの設立と崩壊に関与した人物で、CAは、ブレグジットアメリカ大統領選挙に関する情報戦をソーシャルメディアを使って仕掛けたことで知られていますが、その詳細を内部告発、暴露したのが、著者で、本書は懺悔の書でもあります。

本書を読むと、「ファクトチェックvsフェイクニュース」という構図で事態をとらえるのでは、すでに遅れていると感じざるを得ません。

攻撃側は、最先端の心理学や社会科学を駆使し、社会に分断を引き起こしてきています。高度な情報戦に対する備えは、大丈夫なのでしょうか。

僕には心もとない気がします。僕らが望むと望まざるとにかかわらず、情報戦のただなかに居ることを、今や強いられていて、避けようがないという認識を持つべきでしょう。

騙されないようにするということだけではなくて、知らないうちに騙すことに利用されている、そんなリスクに直面していることを、知る必要があるでしょう。

さて、少し、心に余裕を持ちたいので、次は、食べ物の話です。

ヘモグロビンA1cの挑戦

脳血管の定期診察、次回3か月後に血液検査を行うことになりました。つまりは、6か月おきということで、前回数値が少し悪化した、ヘモグロビンA1cの改善を目指して、前々回の5,9以下を目指して、食事と運動に挑戦です。

そこで、甘いものの誘惑にどう耐えるか、あまりつらくない方法が、食べたいお菓子の本を読むということです。頑張って、数値を出せれば、こういうお菓子も食べられるという楽しみがある、希望を見出して、頑張るという手法で、過去もこれで成功してきました。

京菓子は五感で」楽しむ

なんといっても、チャンスがあれば楽しみたいのが京菓子です。そこで、この本です。

 

著者の高家啓太氏は、明治15年創業の御菓子司「塩芳軒」五代目だそうです。

京菓子は五感で楽しむもの」であると同時に、「想像する楽しみ」というのがあり、茶席で出される京菓子につけられた名前を想像して、見立ての是非を自分で感じることでしょう。

今回は、京菓子ですが、そのほかの菓子を取り上げた本も、やがては、口入れる日を想像して、3か月頑張ります。これも、本を食べるように読む、ということです。

 日々の生活は、目くじら立てる問題と、目じりが下がる楽しいことと、混在しているという、現実を受け入れて。

Amazonでどうぞ

 

 

 

 

文章の一部欠けていた部分と、重複部分を補いました。

 

 

悲観と楽観、長期の思考と行動の好機

ペンギン堂の飯島です。意見は私個人のものです。

f:id:kin-ichi:20210324064813j:plain

今日は曇り空です。いわゆる、花曇り、青空の下の桜もいいですが、風情は、こちらのほうに分があるように感じられます。

 

朝の気温も、昼間に比べれば、ぐっと低い日が多いのですが、それでも、厳しい寒さの時期は過ぎたようです。そうなると、朝一番の紅茶も、アッサムのミルクティーから、ダージリンが、気分に合うようになってきます。暖かさから爽やかさへと、季節に合わせ、人はわがままです。

ウエッジウッドの「マハラジャダージリン」を最近、飲みました。

 

 ファーストフラッシュとセカンドフラッシュブレンドという、ちょっと珍しいブレンドで、水色がダージリンにしては濃いのと、茶葉の分量、お湯の量、蒸らしの時間というバランスに注意が必要な、その分、満足感も高い味と紅茶を入れる体験を味わえます。

そして、器も、出来ればウエッジでと思いますが、私の場合、40年来愛用してきた、ウエッジが、ひび割れが入って、それもっけこうな長さに。幸い、知り合いに金継ぎを趣味にしている方がいて、そちらにお願いしようと考えています。

 

 今は、別の、ウエッジウッドのティーカップで飲んでいるのですが、マハラジャダージリンは、これで、と考えています。

第4波?第3波が終わっていないのでは?

二度目の緊急事態宣言が解除され、同時に、感染拡大の傾向が顕著になって来ました。「第4波の入り口」と語る首長さんもいましたが、私には、「第3波」が終わっていなかっただけではないかと思えたりします。

昨年来の国や自治体、そして私たちの対応を見てきて、自分も含めて、対策にもっとなんとかできることがあったのではないか、という思いがしてなりません。

特に、もっとデジタルツールやAIの活用によって、感染拡大を防ぐことが可能だったのではないかとも思えるのですが、そんな時、こんな本を発見しました。

 

 医療の分野を中心としたAI活用の事例と、論文と今後の展望が語られていて、現状について、冷静な認識を持つためには格好のテキストだと思います。

何よりも、オードリー・タンさんへのインタビューが、それも結構な分量で収録されているのが、ラッキーですし、用語集など、使えるところがたくさんです。

オードリーさんのインタビュー記事で特に強く印象に残ったのは、ソーシャルメディアのカオスの状況の中でいかにして冷静で穏やかなマインドセットを保つか、という質問に対して、スマートフォンの通知をすべてオフにすること、ソーシャルメディアのチェック時間を30分に1回に限定すること、十分な睡眠をとること、を上げ、さらに、悲観と楽観のバランスを取り、落ち込んでいるときにこそ、脅威を見落とさず、長期の考えを整理する好機だという点でした。悲観的な時に長期の戦略を立て、楽観の時に行動する、そのサイクルを数日以内に限定することも大事という点でした。

ピンチはチャンス、などという、真理ではあっても、私たちのとらえ方が、皮相的になりがちな通念ではなく、戦略と行動、悲観と楽観のサイクル、早速取り入れたいと思いました。

その他にも、学ぶべきものが満載です。

Amazonでどうぞ

 

 

 文字を一部修正しました。「次→波」

文字を加えました。「それもけっこうな長さに」

いま、五感で読む、を感じるとき

ペンギン堂の飯島です。意見は私個人のものです。

f:id:kin-ichi:20210219073405j:plain

春の足音は確実に、僕らを包んでいますが、それでも寒い日もあって、体調管理はきつい日もあります。

さて、食べすぎに注意が必要なことは分かっているのですが、そうはいかないこともまた、繰り返される事実です。

読んで、腹は膨れないけど、読むことでしか味わえない味を楽しむことは、健康的にも一石二鳥のような気がします。

そこで、この一冊、

 

二人の作家が、代わりばんこに「dancyu」という雑誌に、それぞれ、「食」にまつわる表現のある本を取り上げて書いた連載で、これには、いくつかの興味深いの視点があります。

それはまず、自分が知っている作家の誰が、誰を取り上げて、そこでは、どんな食べ物や飲み物が取り上げられているのか、そして、自分の知らなかった切り口が示されているのか?

もう一つは、二人の作家が、自分の知らない作家を取り上げて、どんなことを語ろうとしたのか、ということです。

 

読むことは食べること

 ところで、食にまつわる文章を読むということは、どういう行為なのか。

角田「改めて思うのは、読むという行為は「体験」なんだな、と。物語の主人公と一緒になって、店の引き戸なりドアなりを開けて、中に入って、ご飯を食べる。それは読むということを超えて、体験として覚えているんです。」

だから、食べたこともない食べ物の味を知っていて、本物を初めて食べたときに、「違う、この味じゃない」と感じたといいます。

一方、堀江さんは、

堀江「物語として文字として書かれている食べ物は、やはり文字としてしか味わえない。世の中に素晴らしい料理の本はたくさんあって、そこには写真もそえられていて、おいしそうだな、器も素敵だな、と思ったりはするんですが、味に関しては、そうした本にあるレシピで実際につくったものよりも、小説の中で味わう料理のほうが、きっとおいしい。本の中にしかない味がある」、と。

知らない本や文章を知るということでは、僕の場合、吉田健一『金沢・酒宴』を取り上げた角田文代の次のくだり。

「私は日本酒に詳しくはないが、読んでいるとやっぱりあの、澄んだ酒が飲みたくなる。」ということで、飲んでしまえばそれまでですが、「『酒宴』という作品がある。

この作品で書かれている、菊正はこう、初孫はこう、爛漫は、千福は、勇駒は、と次々なされる酒の描写があまりにもみごとで、文字を目で追うだけで酔ったかのような気持ちになる」のだそうで、酒を飲んじゃいけない僕は、この文章をきっと読むでしょう。

 

「たい焼き」のたいは、ひらがな

子どものころ、親父の土産は「たい焼き」でした。それを、僕は「きんととまんじゅう」と呼んでいた。甘いものの記憶は、そこから始まっていると思います。

さて、すごく奇特な人がいて、「東京中のたい焼きを全部食べよう」と決意して、淡々としてそれを続け、実に3000匹ものたい焼きを食べたのが、この本の著者です。

 

 著者は、自家用車を使わずに、電車を乗り継ぎ、あとは歩いて、ひたすらたい焼き屋に向かうのだそうで、それは、たい焼きとその店がある町との関係性がご当地のたい焼きの味だということを知っているからでしょう。

それは、「たい焼きの『餡』が教えてくれる町のところで、漉し餡と粒あんがあるのに、たい焼きにはなぜ漉し餡が少ないのか、を考察したところを読むとよくわかります。

ところで、たい焼きの食べごろはいつなのでしょうか?五回の食べごろがあるというのです。「焼きたて」以外の具体的なタイミングは、本書をお読みいただきた。まことに奥深い実体験と考察が語られています。

そして、ここを読んで、僕の子供のころの体験が、素材の力を知る一番の食べ時だったことを知り、いまさらながらに、親父の愛情もそこはかとなく感じるのでした。

近所の「たい焼き屋」を知るには、この本でしょう。

 Amazonでどうぞ